甘木・朝倉広域市町村圏振興施策に関する提言書を福岡県知事に提出しました

11月11日、甘木・朝倉広域市町村圏事務組合から服部誠太郎福岡県知事に対し、

令和4年度甘木・朝倉広域市町村圏振興施策に関する提言書を提出しました。

当組合の林裕二理事長が、「甘木・朝倉地域は平成29年以降毎年のように豪雨災害に見舞われ、復興・復旧も道半ば。国・県からの長期にわたる支援をお願いしたい。」と述べると、服部知事は、「災害からの復旧・復興を加速させ、一日も早く成し遂げていくために必要な予算の確保に努めたい。今後も市町村とチームを組んで県政を進めていくので協力をお願いしたい。」と述べられました。

提言書を渡す林裕二理事長(写真左)と受領する服部知事(写真右)
(写真左から)眞田秀樹 理事(東峰村長)、林裕二 理事長(朝倉市長)、服部知事、田頭喜久己 副理事長(筑前町長)、中嶋玲子 福岡県議会議員

※写真撮影のためマスクを外しています。